iOS 14の注目の新機能・変更点まとめ

6月23日(火)に行われたWWDC2020でAppleはiPhoneの時期OS「iOS 14」を発表しました。

iOS 14」は、ウィジェット機能の強化やデザインの変更などのマイナーアップデートで、一般公開は今秋を予定されています。

当記事では、WWDC2020で発表された「iOS 14」の新機能についてまとめていきます。

目次

iOS 14にアップデート可能なデバイス

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone X S
  • iPhone X S  Max
  • iPhone X R
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

iOS 14の注目するべき新機能と変更点

iOS 14で主に注目するべき新機能と変更点はこちらです。

  • ウィジェット
  • App Library
  • メッセージ
  • Translate
Yuriのアイコン画像Yuri

1つずつご紹介していきます!

ウィジェットをホーム画面に追加できるように

ホーム画面にウィジェットを追加できるようになります。

ウィジェットの大きさには小・中・大があり、場所のカスタマイズが可能です。

Yuriのアイコン画像Yuri

今回のアップデートでは、一番の目玉ですね!

新ウィジェット「Smart Stack」が追加される

その時に必要なウィジェットを表示する「Smart Stack」が追加されます。

ニュースが表示されたり、カレンダーの予定を表示したり、という具合です。

アプリを自動で仕分ける「App Library」が追加される

iOS 14では、ホーム画面の最後のページにAIでアプリを仕分けし、より見やすくアプリ一覧を表示する「App Library」が追加されます。

必要の無いページを非表示にすることも可能です。

Yuriのアイコン画像Yuri

ホーム画面のカスタマイズが楽しくなりました!

ピクチャ・イン・ピクチャが使用できるように

iPad OSなどで使用されている「ピクチャ・イン・ピクチャ」が使用できるようになります。

動画を再生したまま、アプリを使用することが可能です。

Yuriのアイコン画像Yuri

ピクチャ・イン・ピクチャのサイズを変更することもできます!

メッセージアプリでインライン返信が使用できるように

メッセージアプリでは、個別のメッセージに返信できる「インライン返信」が使用できるようになります。

LINEで使用できるリプライと同じ機能です。

メッセージアプリでメンション機能が使用できるように

メッセージアプリでは、グループで特定の相手を選択し、メッセージを送信できる「メンション機能」が使用できるようになります。

LINEで使用できるメンション機能と同じです。

会話専用の翻訳機能「Translate」が追加される

Appleの新しい翻訳機能「Translate」が追加されます。

翻訳機能はオフライン状態でも使用可能で、日本語を含む11言語に対応しています。

Siriがコンパクトなデザインにアップデート

Siriの画面全体に表示されるデザインが一新され、よりコンパクトになります。

Yuriのアイコン画像Yuri

画面全体に表示されるのが迷惑なときもあったので、嬉しいアップデートです。

WWDCで発表されたiOS 14の新機能まとめ

iOS14

ウィジェットをホーム画面に表示できるなどの面白い新機能もありましたが、全体的にはiOS 13でのバグ多発もあり、マイナーアップデートだったように思います。

ウィジェットの新機能やApp libraryを早く使ってみたいです!

Yuriのアイコン画像Yuri

以上!Yuriでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる